【年利5%超可能】FX 勝率100%の裏ワザ公開します。

FXでボロ負けみたいな話もよく聞きますし

必勝法とか謳う胡散臭い商材もたくさんあります

実際にこれを読んでくれればみんなこうなると思います。

え?これどうやって負けんの?

ただこれでも負ける方法は1つあります。

それに気づけた人は優秀です。記事の終わりに解説します。

●スワップポイント

FXにはスワップポイントというものがあります。

簡単に説明すると、ドル/円を買っていると円でドルを買っているわけですから

その円とドルの金利差を受け取れるっていう話です。

もちろん、ドル/円を売ると、ドルで円を買うわけですからマイナスになります。

そしてこのスワップポイントというのはFXの取引業者によって違います。

GMOクリック証券
(2018年2月5日〜2月9日)

右が買いで受け取れるスワップポイント、左が売りで取られるスワップポイントです

DMM FX
(2018年2月5日〜2月9日)

このように、同じ期間でも業者によって受け取れるスワップポイントが違うというのが今回のミソです。

GMOクリック証券ではこの5日間、買いで受け取ることができるスワップが1万通貨あたり合計348円売りで取られるスワップが合計-348円

DMM FXではこの5日間、買いで受け取ることができるスワップが1万通貨あたり合計175円売りで取られるスワップが合計-175円

●両建て

さてここまでで気づいた方も多いんではないでしょうか。

FXには両建てという手法があります。

これは、その名の通り買い売り両方のポジションを持つことです。

長期的には上がると思い買いを入れているが、短期的には下がりそうなので売りたいときなどに使われます。

両建ての場合は、上がれば買いポジションがプラスに、売りポジションがマイナスになるのでその間の損益はプラスマイナスゼロとなります。

簡単にいうと、両建て中にドル円が暴騰して買いポジションに100万円の利益が出ても、売りポジションに100万円の損失が出るためプラスマイナスゼロっていうことです。

ここまでで概要の説明は終わりです。

●異業者間両建て

これが今回の裏ワザの本質です。

砕いて言えば、買いスワップの高い業者で買いのポジションを持ち、売りスワップの安い業者で売りのポジションを持つということです。

そうすれば、毎日差額が積み重なっていくということです。

この方法では、ドル円が上がった、下がったというのは関係ありません。

もし上がれば、買い口座では利益が出ても、売り口座では損失が出ます

逆も然り、下がれば、買い口座では損失が、売り口座では利益が出ます

ということなので、為替の変動を気にせずに毎日儲かっていくという仕組みです。

先ほどの例でも、GMOクリック証券で買いDMM FXで売りを入れておけば、

348円-175円=173円が受け取れたことになります。

●どの業者が良いのか

さて、買いスワップの高いFX業者とはどこでしょうか。

これは先ほどから例であげるほど紹介しているGMOクリック証券が最も高いです。



逆に、売りスワップの安いFX業者はどこでしょうか。

これも先ほどから例であげているDMM FXが最も安いです。


●どの通貨ペアが良いか

FXにはドル円、ユーロ円、ポンド円、さらにはトルコリラ円などがあります。

これらから選ぶわけですが、もちろん買いスワップが高い通貨の方がいいです。

しかし、トルコリラのような高金利通貨は、リスクもあります。

世界の情勢が悪くなると、急落しやすいのです。

ドル円は世界的に見ても安全な通貨ペアであり、激しい値動きはありません。

1ドル=100円が一晩で1ドル=80円になることはありません。

また、ドル円スプレッド(手数料)も他の通貨に比べると割安です。

以上の理由から、ドル円での運用を勧めます。

●いつから始めるか

これは特に気にする必要がないと言えばないですが、一番良いのは水曜日でしょう。

というのも、水曜日は土日のスワップがまとめて入るスワップ3倍デーの業者が多いです。

FXにはスプレッドがありますので、この方法を開始した当初はスプレッド分マイナスです。

日本の業者だとドル円のスプレッドが1万通貨あたり約30円ですので、2口座で60円マイナススタートになります。

水曜に始めれば、スワップ3倍の恩恵で、スプレッド分は稼ぐことができます。

●具体的な手法(最安の1万通貨の場合)

GMOクリック証券DMM FXに口座を開設する

②各口座に10万円ずつ入金

③同じ時刻に1万通貨ずつGMOクリック証券で買いDMM FXで売りのポジションを持つ

④毎日利益が積み重なる(平均20円/日)

以上です。解説します。

②→なぜ10万円ずつか

両建てといっても別の業者で行うわけですから、片方の口座のマイナスがどんどん増えていくとロスカットになります。

そのため、定期的に資金の移動は行わなければなりません。

1万通貨取引するための最低保証金はおおよそ4万5000円程度。

その2倍超の保証金を用意しておくことで、ロスカットにならないようにします。

③→同じ時刻に買う方法は?

スマホとパソコンを使って同じ時刻に注文すると良いでしょう。

IFD注文がわかる方はそちらでやった方が良いです。

④→年利は?

1日平均が20円ですので年間にすると7,300円

投資額は200,000円ですので年利計算すると3.7%

この方法の良いところは、投資額を上げることで全く同じことができます

1,000,000円で運用すれば、年間37,000円

10,000,000円で運用すれば、年間370,000円

1億円で運用すれば、年間370万円

新卒の年収はゆうに超えるほどあります。

●注意点

記事の始めに書きましたが、この方法で負ける方法が分かりましたでしょうか?

そう、それは、急激な相場の変化です。

しかし保証金を常に2倍程度にキープしておくことで、対応可能です。

マメに資金移動は行いましょう。

そうすることで勝率は限りなく100%に近づいて行きます。

●まとめ
  1. 業者同士でのスワップポイントの差額によって儲けることができる。
  2. 買い口座でお勧めはGMOクリック証券売り口座でお勧めはDMM FX
  3. それぞれで買い売りポジションを持ち、保証金をキープすることで、毎日スワップ益が積み重なる。

以上です。いかがだったでしょうか?

質問等あればコメント欄にてお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする